式場見学の前に 式場見学のポイント ブライダルフェア

ブライダルフェアには実は種類がある!参加した方がいいフェアの内容とは?

更新日:

ライター:Ms.KEI

ブライダルフェアの種類

「ブライダルフェア」には、いくつか種類があることをご存知ですか?

会場選びで失敗しないためにも、参加した方が良いブライダルフェアについて、元プランナーのわたしがご紹介します。

スポンサーリンク

ブライダルフェアには実は様々な種類がある!

実は、ブライダルフェアには、様々な種類があります。

例えば、このようなものが挙げられます。

  1. 多くの方に集まってもらうためのBIGフェア(会場の認知が目的)
  2. 結婚式の雰囲気をより味わってもらうためのフェア
  3. 自社のオリジナリティーを演出するフェア

どれも同じと思っていたブライダルフェア。
では、どれに参加すれば良いのか、説明していきますね。

どのブライダルフェアに参加すればいいの?

まずは「多くの人に集まってもらうためのBIGフェア」に!

ブライダルフェア

参加することが初めてという方は、「多くの人に集まってもらうためのBIGフェア」に参加しましょう。

ブライダルフェアの情報を探していると、「年に一度の!」「BIGブライダルフェア」などといった、ネーミングのフェアを目にしませんでしたか?

このようなフェアが「一番、会場側が力を入れているフェア」であるといえます。

模擬挙式があったり、ドレスを試着して記念撮影ができたり、デザートビュッフェが楽しめたり…
なかには、芸能人やモデルを招いてショーを開催するなど、「行ってみたい!」と思わせるイベントが盛りだくさん!

式場サイドの気持ちを紹介しますと、この「BIGブライダルフェア」の一番の目的は、何より「集客」です。

BIGブライダルフェアでムリに会場を決めなくて良い

BIGブライダルフェアは、「結婚式って必要?」と思っているカップルでも、どんな方にでも来館していただければ十分だったりします。
もちろん、それなりの費用をかけてフェアを準備しますので、予約をしてもらえるに越したことはありません。

ただ「いつか結婚式をしたい」と考えたときに、「あの会場のあのフェア楽しかったよね」と思っていただいて、印象に残っていただければ良い。なんて考えも式場側にはあったりします。

ということは、この「BIGブライダルフェア」で会場を決定しなくてもいいということです。
もちろん、「本気で決めよう!」と思っているカップルもいるので、希望の日にちが先に埋まってしまうということもあります。ただ、そこは視野を広げて他の選択肢も検討するのも一案。

「BIGブライダルフェア」は演出体験を楽しむことを中心に参加されるといいでしょう。

次は「自社のオリジナリティーを体験できるフェア」に!

試食・料理を食べられる

「BIGブライダルフェア」を体験された方には、次のステップでもある「自分たちのこだわりとはなにか?」を考えていただきたいと思います。

「こだわり」が絞られてきたら、その「こだわり」が実現できそうなフェアに予約をしてみてください

例えば、「料理は絶対おいしいものがいい!」と、「食事」へのこだわりがポイントになってきたら、「三つ星シェフ○○監修、こだわりの一皿をご賞味あれ!」といったテーマがあるフェアを探します。

会場側からすると、「三つ星シェフ○○監修の料理」=「自社のみオリジナリティー」となり、一番の強みといえます。

こういった「自社のオリジナリティーを体験できるフェア」では、プランナーさんに会場の「強み」を案内してもらうことができます。
プランナーさんは、会場の「強み」を一番勉強しているので、おふたりのこだわりも、より現実のものとなるのではないでしょうか。

最後は「結婚式の雰囲気をより感じられるフェア」に!

人前式の挙式スタイル

こだわり要素をしっかり考えることができたら、「結婚式を感じられるフェア」に参加しましょう。

会場のコーディネートを見てもらうために、実際に結婚式がある本番直前の会場を見ることができる場合もあります。

この「結婚式の雰囲気をより感じられるフェア」では、より現実的なコーディネート感をあじわうことができるため、「会場を決めていただきたい」という目的があることも…!

「BIGブライダルフェア」では、「見せる」ことに重点をおき、メインテーブルの装花の単価もぐんとあがっていることがほとんど。
そんな高価なメインテーブルの装花は、とても「豪華」であるでしょう。

でも、実際そんな単価のメインテーブルを用意しようと思うと見積もりはぐんぐん上昇します。
ブライダルフェアのコーディネートは、現実的ではない場合もあるということです。

ですが、実際の結婚式が開催される直前の会場はどうでしょうか?
おふたりに近い(そうでない場合もあるかもしれませんが)新郎新婦が「実際に支払える価格で」コーディネートされた会場です。

フェアほどのボリュームはなくても、「現実的な雰囲気」を感じていただけるのではないでしょうか?

「失敗した!」とならないフェアへの参加方法

まずは、BIGブライダルフェアで楽しみ、ふたりのこだわりを話し合う。
さらに、「現実的な雰囲気」もみて、会場を決定する。

これが会場決定の方法として、「失敗した!」とならないフェアへの参加方法ではないかと思います。

安易に「楽しかったし決めちゃおう!」と、テンションだけで会場を決めてしまうのはもったいないです。
せめて2〜3会場のフェアを楽しんでから、会場を決定されることをおすすめします

ブライダルフェアに参加して、商品券をもらえる

いまなら式場見学をすることで商品券をもらえるキャンペーン中です!
この機会に会場へ足を運んでみてはいかがですか?

サイト名 キャンペーン情報
マイナビウエディング
  • 最大3万5,000円分の商品券
  • 結婚指輪の購入で最大で5万円分の商品券
ゼクシィ 式場見学で最大3万円分の商品券
ハナユメ 式場見学で最大3万5,000円分の商品券
楽天ウェディング 式場見学で最大5万円分の楽天スーパーポイント
得ナビ ウェディング 式場見学で1万円分の一休クーポン
スマ婚 キャンペーンは時期によって内容が変動するので公式サイトでご確認ください

結婚式場の見学は、3件以上行った方がいい理由
結婚式場の見学・ブライダルフェアの予約に!ウェディングサイトまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
結婚式の準備はブライダルフェアから(3万円の商品券がもらえる!)



「結婚式は何から準備したらいいの?」とお悩みのかたは、まずはブライダルフェアに足を運んでみましょう。
プランナーさんが結婚式について質問に答えてくれますよ。

いまなら、ウェディングサイトで最大3万円の商品券をもらえるキャンペーンを実施しているので、こちらも活用してみてくださいね。

この記事を書いた人

元ウェディングプランナー。自身の結婚を機に、ウェディングにまつわるコラムなどを中心としたWEBライターに転身。
節約術や演出などの内容ならお任せ!
現在は二児の母でもある傍ら、様々なウェディング記事を執筆しています。

式場見学の申し込みランキング

マイナビウエディング

ブライダルフェアの申し込み数が一番多い、マイナビウエディング。

マイナビ限定の特典が充実しており、いまならブライダルフェアに参加するだけで最大3万5,000円分の商品券をもらえます!

指輪をこれから購入するかたにはさらに特典があります。
ジュエリーショップに来店予約をして、カップルで来店&指輪を購入すれば、最大で5万円分の商品券ももらえちゃうんです。

合計、8万5,000円! 太っ腹ですね。

ハナユメ(Hanayume)

掲載件数はまだ少ないながらも、独自の割引制度「ハナユメ」が魅力のハナユメ。

ブライダルフェアに行くことで、最大3万5,000円もらえるキャッシュバックキャンペーンを開催中です!
プロのアドバイザーが第3者目線で理想にピッタリの式場の紹介してくれるサービスもありますよ。

貯金がなくても結婚式があげられる「完全定額プラン」も実は人気。追加料金が一切かからないので安心です。

ゼクシィ

ゼクシィは提携している式場の数、業界トップクラス!

いまなら最大3万円分の商品券がもらえるブライダルフェアを開催中です!(普段は最大1万円なので、予約するなら今がお得です!)

結婚準備に関するコラムも多数掲載しているので、読んでおくと勉強になりますよ。

おすすめの記事

おすすめの式場予約サイト 1

結婚式場を探すにも、色んなウェディング予約サイトがあって、悩んでしまいますよね。 そこで、代表的な式 ...

二次会用のウェディングドレス 2

この記事は「結婚式にどのような節約をしたらいいのか悩んでいる」かたに向けて書いています。 私たちも結 ...

結婚資金はいくら必要なの?上手く結婚式を貯める節約術 3

これからおふたりで新しい生活を送って行くと言っても、お金の不安がありますよね。 「結婚」は入籍すれば ...

-式場見学の前に, 式場見学のポイント, ブライダルフェア

Copyright© 結婚式費用の節約ガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.