見積書で確認しておくこと

結婚式の見積書で注意することは?失敗しない見積もりのもらいかた

更新日:

ライター:マナブ・ユキコ

結婚式の見積もり

結婚式場へ見学にいくと、見積書をもらえますよね。
でもその金額を鵜呑みにしてしまっては、危険です!

なんと、初回の見積りに比べて最終見積りがアップした方は、全体の8割もいるそうです。
しかも差額は100万円近いのです!

このページでは、結婚式場で渡される見積書の見方・料金がアップしやすい項目などを説明していきます。

スポンサーリンク

見積もりのもらい方

やりたいことをすべて盛り込んでもらう

デザートブッフェ・バルーンリリースなど、やりたい演出はまずは見積もりに入れてもらってください
そうすることで、後々に「これがしたい」と思ったときに、急激な予算アップは避けることができます。

必要なものはすべていれてもらう

会場によっては、見積書には基本的なものしか書かれておらず、のちのち追加料金が発生することがあります。
見積書をもらう前に、「必要なものはすべて入れてください」と伝えておくといいかもしれません。

予算は正直に話さない

予算を正直に話すと、予算に合わせて見積もりを提出してくるケースがありました。
だからこそ、予算は正直に話さず、低めに伝えてみるのも手です。

他社の見積もりを提出する

他社の見学でもらった見積もりをみせて、価格交渉してみるのも有効です。
私は安かった会場の見積もりを持って行き、価格を下げてもらいました。

交渉は契約前に行なう

自分に優位な状況を作ることができるのは、契約前です。
交渉したいことがある場合は、契約前に行なうように心がけてください。

見積書の見方

ゲスト数で増減する項目

ペーパーアイテム

  • 招待状
  • 席札
  • 座席表
  • メニュー表

ペーパーアイテムも一つあたりで金額が変わります。

飲食

  • 料理
  • ドリンク
  • ウェルカムドリンク
  • 乾杯酒
  • 生ケーキ

人数によって一番変動するのが、この飲食代金です。さらにこちらの金額に10%のサービス料がつきます。

乾杯酒・ウェルカムドリンクは見積もりに含まれていないこともあるので、確認してみてください。
またプランについているドリンクにはどんなドリンクがあるのかも確認しておくことをおすすめします。

装花・装飾

  • テーブル装花
  • テーブルクロス
  • チェアカバー

テーブルの卓数によって、テーブル装花の金額は変わってきます。またプランに装花の料金が入っていることもありますが、プラン内のお花はどんなものか、確認してください。

テーブルクロス・チェアカバーは、有料なところもあります。

引出物・引菓子

  • 引出物
  • 引き菓子
  • プチギフト
  • 紙袋

引出物は、持ち込む場合の持ち込み料を確認してください。

私はネットで注文した引出物を後日郵送をしようと思ったのですが、郵送の場合でも持ち込み料がかかると言われてしまいました。
(友だちの会場では、後日郵送は持ち込み料はかかりませんでした)

事前に後日郵送でも持ち込み料がかかるのかも、確認しておくといいかもしれません。

ランクアップしがちな項目

  • 料理
  • ドリンク
  • 装花(ブーケ・テーブル装花・メインテーブル装花など)
  • 衣装
  • 引出物
  • ウェディングケーキ

見積もりに入っていないことが多い項目

最初の見積書に入れられていないことが多い項目です。しっかり含まれているか確認しましょう。

  • 乾杯酒
  • ウェルカムドリンク
  • 引出物
  • 引き菓子
  • プチギフト
  • 両親への贈呈品
  • ブーケトス
  • 演出費(フラワーシャワー・テーブルラウンドの演出など)
  • カメラ・映像関係
  • テーブルクロス・チェアカバー使用料

持ち込み料が発生しやすい項目

式場で頼まず、持ち込み予定の場合は、持ち込み料金についても確認しておきましょう。
下記の項目で持ち込み料金がかかりやすいです。

  • 衣装
  • ドリンク
  • 引出物
  • 引き菓子
  • カメラマン
  • 司会者
  • ヘアメイク

割引してもらいやすい項目

  • 料理
  • ドリンク
  • 衣装
  • 会場費
  • 音響使用料
  • プロジェクター使用料

記憶がさだかではありませんが、以前「ゲストも満足!100万円で理想の結婚式を挙げる法」を読んだときに、人件費がかからないものは値下げしてもらいやすいと書かれていました。

料理・ドリンクは同じスタッフ数で用意すると思うので、こちらも値引きしてもらいやすいです。

▼結婚式の節約に参考になります

見積書は何度も確認してみてください

式場見学にいくと、見積もり書を出されて、「今日契約したら割引しますよ」と甘い言葉で契約を迫ってきます。
でも、惑わされず、しっかり他社との見積もりと比較してから、会場を選ぶようにしてくださいね。

のちのち「失敗した!高額な結婚式になってしまった」とならないためにも、見積もり書を隅々まで確認することをおすすめします。

式場を決定する前に価格交渉を!結婚式の費用を節約するために大切なこと
自分たちらしく節約するために!式場を選ぶ時のチェックポイントと節約ポイント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
結婚式の準備はブライダルフェアから(3万円の商品券がもらえる!)



「結婚式は何から準備したらいいの?」とお悩みのかたは、まずはブライダルフェアに足を運んでみましょう。
プランナーさんが結婚式について質問に答えてくれますよ。

いまなら、ウェディングサイトで最大3万円の商品券をもらえるキャンペーンを実施しているので、こちらも活用してみてくださいね。

この記事を書いた人

「結婚式費用の節約ガイド」の運営者。結婚式では様々な工夫することで、イメージ以上、でも予算以内の結婚式をすることができました。実体験をもとに、結婚式の節約術をご紹介します。

式場見学の申し込みランキング

マイナビウエディング

ブライダルフェアの申し込み数が一番多い、マイナビウエディング。

マイナビ限定の特典が充実しており、いまならブライダルフェアに参加するだけで最大3万5,000円分の商品券をもらえます!

指輪をこれから購入するかたにはさらに特典があります。
ジュエリーショップに来店予約をして、カップルで来店&指輪を購入すれば、最大で5万円分の商品券ももらえちゃうんです。

合計、8万5,000円! 太っ腹ですね。

ハナユメ(Hanayume)

掲載件数はまだ少ないながらも、独自の割引制度「ハナユメ」が魅力のハナユメ。

ブライダルフェアに行くことで、最大3万5,000円もらえるキャッシュバックキャンペーンを開催中です!
プロのアドバイザーが第3者目線で理想にピッタリの式場の紹介してくれるサービスもありますよ。

貯金がなくても結婚式があげられる「完全定額プラン」も実は人気。追加料金が一切かからないので安心です。

ゼクシィ

ゼクシィは提携している式場の数、業界トップクラス!

いまなら最大3万円分の商品券がもらえるブライダルフェアを開催中です!(普段は最大1万円なので、予約するなら今がお得です!)

結婚準備に関するコラムも多数掲載しているので、読んでおくと勉強になりますよ。

おすすめの記事

おすすめの式場予約サイト 1

結婚式場を探すにも、色んなウェディング予約サイトがあって、悩んでしまいますよね。 そこで、代表的な式 ...

二次会用のウェディングドレス 2

この記事は「結婚式にどのような節約をしたらいいのか悩んでいる」かたに向けて書いています。 私たちも結 ...

結婚資金はいくら必要なの?上手く結婚式を貯める節約術 3

これからおふたりで新しい生活を送って行くと言っても、お金の不安がありますよね。 「結婚」は入籍すれば ...

-見積書で確認しておくこと

Copyright© 結婚式費用の節約ガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.