料理・ドリンク 結婚式の費用を安くする方法 ウェディングドレス・タキシード 持ち込み料

見積もりから60万円以上の節約に!結婚式で後悔しないための節約術

更新日:

ライター:shizuka

結婚式の節約術

晴れて入籍。
2人の生活がこれからスタートするのに結婚式で貯金をほとんど崩してしまった、ご祝儀より大幅に足が出てしまった…なんてことはできるだけ避けたいですよね。

今回はわたしの実体験をもとに、お金をかけるところはかける、抑えるところは抑えるメリハリ術をお伝えします。
またゲストに褒められたオプション、工夫次第で安っぽく見えない方法もご紹介します!

節約しながら上手に賢く結婚式をあげましょう。

スポンサーリンク

見積もりから大幅に費用を安くする方法

会場選びは「持ち込みできるか」を要チェック!

結婚式の費用を節約する上で、会場選びは大切です。

わたしはホテルやレストラン、ゲストハウス、それぞれのブライダルフェア(5~6会場)に参加して話しを聞きましたが、一番融通が利きそうな自由度が高い会場はレストランが多いと感じました。

なかでもアイテムの持ち込みができるかどうかはとても重要
持ち込みができないとなると、招待状や席次表などのペーパーアイテム・衣装・プチギフト・引出物などすべてを会場と提携している業者にお願いしないといけません。

節約をしたいのであれば「持ち込みの可否」「持ち込み料」は要チェックポイントです。

関連式場選びに悩んだら、ブライダルフェアへ。お得な特典・割引をたくさん受けられるチャンスです!

ペーパーアイテムは手作りでコスト削減

手作りしたペーパーアイテム

▲ 実際にわたしが手作りした席札

持ち込みが可能な場合、ペーパーアイテムは手作りするとコストカットになります。
ここでのポイントは、「方向性はあらかじめ決めておく」ことです。

自分の好みのデザインやイメージをあらかじめピックアップしておくと、材料調達も作業もスムーズになります。

わたしがペーパーアイテム作成に利用したお店

  • セリア(100円ショップ)
  • 無印良品
  • ホームセンター
  • 楽天市場(セールをしているショップを探して)

関連ペーパーアイテムの節約術

ドリンクは飲み放題orオーダー制?よりお得な方を考える

プランに入っている飲み放題はビール、赤白ワイン、ソフトドリンクのみがほとんどです。

例えば、「焼酎や日本酒は年配のゲスト数名しか飲まない」、「新婦側のゲストはほとんどお酒を飲む人がいない」、ということであれば絶対的にオーダー制にしたほうが割安です。

お酒を飲むゲストの割合で、全員の飲み放題のランクをあげのるか、オーダー制にするのかを考えましょう。
一見、一杯1,000円近いカクテルやウィスキーを何杯も頼まれたら予算オーバーになるのでは!?と思うかもしれませんが、そうとも言い切れません。

数名のために全員分の飲み放題のランクをあげる方が、費用がかさんでしまう場合もあります。

わたしがドリンクで節約できた費用
スタンダード飲み放題 3,240円×70名=23万9,760円

→全員分をランクアップしていた場合…918円×70名=6万4,260円
→実際にオーダーが入った料金…800円×25杯=2万円
オーダー制にしたことで、4万円以上の節約に!

衣装を持ち込める会場なら1番のコストダウンになる!

都民共済でドレスをレンタル

▲ 都民共済でドレスをレンタル。リボンは自前で手芸屋さんで買いました

衣装でも大きな費用の差が出ます。

提携しているドレスショップは「とにかく高い!」といった印象です。
もちろん会場によって割引や○○万円分プレゼントなどがあると思いますが、その料金の中で収まるドレスはサイズ・種類ともにごくわずかです。

実際、提携ドレスショップに試着に行きましたが結局気に入ったデザインは高額、また「絶対にコレがいい!」というのは見つけられなかったので、持ち込み料をかけて別のドレスショップから持ち込みました(またどうしても自分の振袖を最後に着たかった)。

それでも会場提携のドレスショップから借りるよりも費用を抑えることができたし、なにより気に入った衣装が着られてとても満足しています。

わたしが利用したお店は、都民共済ブライダル
新郎新婦ともに都民共済ブライダルで借りました。グローブや手袋などの小物もついて1万9,000円~あります。
衣装の種類も豊富でとてもリーズナブルなのでオススメです。
提携ショップで気に入ったドレスのレンタル料は18万~30万円でした。
結果、16万円以上の節約に!

関連結婚式をお得にあげられる「共済ブライダル」

フォトアルバムは自作で大きく節約しよう

フォトアルバムも大きな節約ポイントになります。

プロのカメラマンに写真を撮ってもらえば、アルバムの出来は会場に頼んでも自作(カメラ屋さんのフォトブックなど)しても、中身は一緒です。

会場にお願いするメリットとしては、アルバムのカバーに会場名が入っている、生地がおしゃれで立派なくらいでしょうか(個人的な意見ですが)。

とくにアルバムにこだわりがないようでしたら、自作をオススメします
オーダーするより時間と手間はかかりますが、好きな写真を好きなだけ入れられるし、コストも10分の1に抑えられてオススメです。

わたしが利用したお店は、カメラのキタムラ
式場に依頼した場合、カット数によって金額に幅あり、18ページ〜80ページで15万~33万円でした。
カメラのキタムラを使って自作した場合は40ページ前後で約1万円でした。
結果、14万円以上の節約に!

関連結婚式の写真をアルバムに。ネットで手軽に作れる「MyBook」を注文してみました

とにかくお花代が高い!小物をつかって上手にアレンジ

装花代の節約

▲ 小物を使って装花代の節約

お花代も大幅コストダウンのキーポイント!
とにかく会場内の装花は高いです。

もちろんお花の数が多ければ多いほど華やかで豪華さは出ると思います。ゲストの各卓テーブルにお花が一つもないなんて寂しい印象ですよね。

でも高額!
そこで私たちはキャンドルやバルーンを活用しました。

キャンドルなどの小物を使って節約!
見積もりの段階で単にパンフレットの中からイメージに近いお花を選んでいたら各卓テーブルだけで24万8,000円でした。
そこで、キャンドルやリボンのアレンジを加えて151,200円までコストダウンしました。
結果、9万6,800円の節約に!

自作の余興ムービーで賢くコストカット

結婚式で流す動画はたくさんあります。
入場前のオープニングムービーや、お色直し中に流れる生い立ちムービー、退場後に流れるエンドロールムービーなど。
これらを自作すれば、大幅な費用削減になります。

パソコンやスマホに入っているシステムやアプリを使えば、わりと簡単に作成できますよ。新郎新婦の写真は少なく、ゲストの写真を多く入れたら盛り上があるし、喜んでもらえました。

動画作成に使ったソフト

  • Windows Live ムービーメーカー
  • VivaVideo
  • 無料動画編集ソフト

式場に頼んでいた場合、エンドロールとヒストリーで20万円。
わたしは書き込み用のDVD-Rやアプリ代しかかからなかったので、20万円近い節約になりました。

節約できた分でオプションを追加できた!

節約した分でオプションを

わたしは見積もり金額よりも大幅に節約することができたので、その分、オプション追加することにしました。

  • ウェディングケーキの他にデザートビュッフェを追加
  • コースメニューをグレードアップ(品数とボリュームアップ)
  • お車代や謝礼などには余裕を持って包むことができた
  • 引菓子・引き出物は後日郵送に

引菓子・引き出物を後日配送にしたことで、帰りの荷物の負担がなく特に遠方のゲストに喜ばれました。
また、会場のオリジナルバッグ(手提げの紙袋)代の節約にもなってよかったです。

これは節約したら後悔するかも!?

動画、写真撮影
「節約のために友人や兄弟に頼んだけど、逆光や暗くてよく写っていない」、「ピンボケや手ブレも多くてアルバムにする写真がない!」などよく耳にする失敗談です。
カメラの性能も腕もまったく違います。いつまでも残るものですから、写真・映像のデータだけはしっかりしたものを残しておきたいですね。
料理のランク
料理は直接ゲストの満足度につながる項目です。わざわざ来てくれたゲストに喜んでもらうためにも、コストを削らずにほかで節約したほうが賢明です。
引菓子・引き出物
料理同様、こちらも大切。ゲストへのお土産となるものですし、残るものですから慎重に選んだ方が良いです。

ゲストに喜んでもらうには料理、引き出物(引菓子)、心遣いだと思います。

また優先順位を決めるのがまずは第一歩です。
譲れないポイントと、節約してもよいと思う項目をピックアップし、後悔のないような結婚式にしましょう。
思い通りのステキな結婚式になりますように!

関連結婚式場の見学・ブライダルフェアの予約に!ウェディングサイトまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
結婚式の準備はブライダルフェアから(3万円の商品券がもらえる!)



「結婚式は何から準備したらいいの?」とお悩みのかたは、まずはブライダルフェアに足を運んでみましょう。
プランナーさんが結婚式について質問に答えてくれますよ。

いまなら、ウェディングサイトで最大3万円の商品券をもらえるキャンペーンを実施しているので、こちらも活用してみてくださいね。

この記事を書いた人

29歳アラサーWEBライターです。昨年11月にハワイ挙式、12月に日本橋で披露宴を行いました。アイテムの多くを手作りするなど、自分たちらしい理想の結婚式ができて、一生の思い出になりました!これから結婚式を控えている方に役立つ情報を提供していきます。  

式場見学の申し込みランキング

マイナビウエディング

ブライダルフェアの申し込み数が一番多い、マイナビウエディング。

マイナビ限定の特典が充実しており、いまならブライダルフェアに参加するだけで最大3万5,000円分の商品券をもらえます!

指輪をこれから購入するかたにはさらに特典があります。
ジュエリーショップに来店予約をして、カップルで来店&指輪を購入すれば、最大で5万円分の商品券ももらえちゃうんです。

合計、8万5,000円! 太っ腹ですね。

ハナユメ(Hanayume)

掲載件数はまだ少ないながらも、独自の割引制度「ハナユメ」が魅力のハナユメ。

ブライダルフェアに行くことで、最大3万5,000円もらえるキャッシュバックキャンペーンを開催中です!
プロのアドバイザーが第3者目線で理想にピッタリの式場の紹介してくれるサービスもありますよ。

貯金がなくても結婚式があげられる「完全定額プラン」も実は人気。追加料金が一切かからないので安心です。

ゼクシィ

ゼクシィは提携している式場の数、業界トップクラス!

いまなら最大3万円分の商品券がもらえるブライダルフェアを開催中です!(普段は最大1万円なので、予約するなら今がお得です!)

結婚準備に関するコラムも多数掲載しているので、読んでおくと勉強になりますよ。

おすすめの記事

おすすめの式場予約サイト 1

結婚式場を探すにも、色んなウェディング予約サイトがあって、悩んでしまいますよね。 そこで、代表的な式 ...

二次会用のウェディングドレス 2

この記事は「結婚式にどのような節約をしたらいいのか悩んでいる」かたに向けて書いています。 私たちも結 ...

結婚資金はいくら必要なの?上手く結婚式を貯める節約術 3

これからおふたりで新しい生活を送って行くと言っても、お金の不安がありますよね。 「結婚」は入籍すれば ...

-料理・ドリンク, 結婚式の費用を安くする方法, ウェディングドレス・タキシード, 持ち込み料

Copyright© 結婚式費用の節約ガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.