結婚式の費用を安くする方法 宿泊ホテル

遠方ゲストのホテルを手配する際の注意点は?わたしが予約で気をつけたこと

更新日:

ライター:マナブ・ユキコ

結婚式のホテル手配

自分たちの結婚式に遠くから来てもらう場合、交通費と宿泊費を負担するのがマナーとされています。

でも、さすがに全員分の全額負担は厳しいものですよね。

今回は、遠方ゲストのホテルを手配するポイントと費用を抑える節約術を紹介します。

スポンサーリンク

遠方ゲストへの気遣い

遠くから友人・親戚を招待する場合、気をつけなければいけないことがあります。

それは、あらかじめ交通費・宿泊ホテルを負担するかどうか、事前にしっかり伝えてあげることです。

うやむやにしたまま当日を迎え、特に何も用意がないときは、後々親族や友人との仲が気まずくなることもあるようなので、要注意。

遠方の結婚式にお呼ばれすると、ご祝儀に加え、往復の交通費・宿泊代・美容院のヘアセット代・二次会参加費など、結構な額が出て行きます。

だからこそ、せめて事前に負担があるのか、ないのかだけでも伝えてあげると、事前に予算のやりくりもできるので伝えてあげるようにしましょう。

ホテルを予約するときの確認事項

1、ホテルの手配が必要なゲストを把握する

まずは招待客の中で、宿泊が必要なゲストを把握してみましょう。

宿泊が必要なゲスト

  • 日帰りでは帰れない距離のゲスト(片道2〜3時間以上かかる場合は、宿泊が望ましい)
  • 二次会にも参加してくれる遠方のゲスト
  • 自分もホテルを手配してもらったことがあるゲスト

ホテルの予約が必要かはっきりしない場合は、キャンセル料が発生しないうちは予約しておきましょう

2、前泊・当日泊かどうか確認する

ゲストによっては、前泊する場合、当日宿泊する場合(もしくは2泊)で分かれます。

事前にいつ宿泊するかを確認しておきましょう。

3、部屋割りを決める

宿泊が必要なゲストと宿泊日がわかったところで、次は部屋割りです。

  • 友だちの場合 → 友だち同士でツイン(性別が異なる場合は分ける)
  • 夫婦の場合 → ツインもしくはダブル
  • 1人の場合 → シングル
  • 子どもが多いゲスト → 大部屋もしくはツイン・トリプルを複数
  • 乳児がいる夫婦 → 大きめのダブル(キングベット)もしくは和室

私がホテルの手配で一番気を使ったのは、まだ6ヶ月の乳児がいる遠方のゲストです。
「普段はどうやって寝ている?」と事前に確認して、布団で寝ていると教えてもらいました。

しかし、和室の部屋はなく(あっても高級でした)、「ダブルでは3人は狭いかな?」と思い、キングサイズのベットがある部屋を予約することにしました。

ホテルを予約する

一番楽チンなのは、提携ホテルを予約

泊まるゲストの部屋割りが決まれば、あとはその部屋に合ったホテルを探していきます。

一番簡単なホテルの手配は、式場の提携にお願いすることです。
自分で手配する必要もないので、楽チンです。

ただ、提携のホテルを手配してもらう場合、1泊の宿泊費が高額です。

同じホテルでも、自分で手配した方が安いです。

ホテル代を節約したい場合は、自分で手配

ホテルを安く手配したい場合は、自分で手配するのが一番です。

おすすめのホテル予約サイト(おすすめ順)

  1. じゃらん(最安でオススメ!Pontaポイントが2%貯まる)
  2. 楽天トラベル(楽天ポイントが貯まる)
  3. Hotels.com(10泊分予約で1泊無料に!)

私は料金が一番安かった「じゃらん」ですべて予約しました。

じゃらんなら、Pontaポイントを2%も貯めることができるので、ほかのサイトで予約するよりもポイント還元率が高いです!

また定期的に割引クーポンを配布しているので、格安で予約できる可能性があります。
ぜひ、チェックしてみてくださいね。

ホテルの予約は早く予約すればするほど、料金が安いです。

早めに予約するようにしましょう!
(ただ早すぎるとまだ予約できない場合もあるので、注意してください)

交通費も負担する場合は、パッケージ予約も有効

交通費とホテル代をを全額負担する場合は、パックになっているプランを予約することで、価格が安く抑えられる場合があります。

交通手段と合わせて予約する場合は、パックで探してみましょう。

ホテルを予約する際の注意点

会場近くのホテルを予約する

ホテルはなるべく会場近くのホテルを予約してあげましょう。
式場近くにホテルがない(もしくは高い場合は)、3駅ほど離れてしまっても大丈夫だと思います。

ただお年寄りのゲストがいる場合は、タクシー代も出してあげて、タクシーで来てもらうのが親切です。

事前に支払いを済ませる

ホテルを手配する場合は現地払いではなく、クレジットカード払い・銀行振込を選びましょう。

ホテルによっては、クレジットカード払いがインターネットから行なえない場合もありますので、注意してください。

駐車場も手配する

遠方のゲストが車で来る場合は、宿泊先の駐車場の手配も必要です。

首都圏で結婚式をする場合、ホテルには駐車場がない&予約できないところも多いので、気をつけてください!(私は探すのにとても苦労しました)

またアルフォードなどの大きな車に乗っているゲストが来る場合は、駐車場のサイズも確認しておきましょう。

私の場合は、事前に確認したところ、サイズオーバーで立体駐車場ではなく平面駐車場を手配することになりました。

予約後は宿泊先を伝えてあげる

ホテルを手配した後は、ゲストの方に宿泊先を早めに教えてあげましょう
そうすれば交通手段は自分で手配する方も、スケジュールが立てやすいです。

ホテルの宿泊先と合わせて式場までのアクセスも教えてあげると、親切で喜ばれますよ。

ユキコ
予約日の間違いには注意が必要です。何度も確認しましょう!
マナブ
ネット予約後に、ホテルへ電話でも確認しておくと安心です

国内24000軒の宿をネットで予約OK!最大10%ポイント還元でお得な「じゃらん」はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
結婚式の準備はブライダルフェアから(3万円の商品券がもらえる!)



「結婚式は何から準備したらいいの?」とお悩みのかたは、まずはブライダルフェアに足を運んでみましょう。
プランナーさんが結婚式について質問に答えてくれますよ。

いまなら、ウェディングサイトで最大3万円の商品券をもらえるキャンペーンを実施しているので、こちらも活用してみてくださいね。

この記事を書いた人

「結婚式費用の節約ガイド」の運営者。結婚式では様々な工夫することで、イメージ以上、でも予算以内の結婚式をすることができました。実体験をもとに、結婚式の節約術をご紹介します。

式場見学の申し込みランキング

マイナビウエディング

ブライダルフェアの申し込み数が一番多い、マイナビウエディング。

マイナビ限定の特典が充実しており、いまならブライダルフェアに参加するだけで最大3万5,000円分の商品券をもらえます!

指輪をこれから購入するかたにはさらに特典があります。
ジュエリーショップに来店予約をして、カップルで来店&指輪を購入すれば、最大で5万円分の商品券ももらえちゃうんです。

合計、8万5,000円! 太っ腹ですね。

ハナユメ(Hanayume)

掲載件数はまだ少ないながらも、独自の割引制度「ハナユメ」が魅力のハナユメ。

ブライダルフェアに行くことで、最大3万5,000円もらえるキャッシュバックキャンペーンを開催中です!
プロのアドバイザーが第3者目線で理想にピッタリの式場の紹介してくれるサービスもありますよ。

貯金がなくても結婚式があげられる「完全定額プラン」も実は人気。追加料金が一切かからないので安心です。

ゼクシィ

ゼクシィは提携している式場の数、業界トップクラス!

いまなら最大3万円分の商品券がもらえるブライダルフェアを開催中です!(普段は最大1万円なので、予約するなら今がお得です!)

結婚準備に関するコラムも多数掲載しているので、読んでおくと勉強になりますよ。

おすすめの記事

おすすめの式場予約サイト 1

結婚式場を探すにも、色んなウェディング予約サイトがあって、悩んでしまいますよね。 そこで、代表的な式 ...

二次会用のウェディングドレス 2

この記事は「結婚式にどのような節約をしたらいいのか悩んでいる」かたに向けて書いています。 私たちも結 ...

結婚資金はいくら必要なの?上手く結婚式を貯める節約術 3

これからおふたりで新しい生活を送って行くと言っても、お金の不安がありますよね。 「結婚」は入籍すれば ...

-結婚式の費用を安くする方法, 宿泊ホテル

Copyright© 結婚式費用の節約ガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.