結婚式の費用を安くする方法 結婚式のスタイル

共済ブライダルはどのくらい安くなるの?お得に結婚式をあげる方法

更新日:

ライター:マナブ・ユキコ

共済ブライダルで節約

友だちが共済ブライダルで結婚式をあげたので、たまたま知る機会がありましたが、それまでは全然知りませんでした。
今でも知らない友人も多く、とてもお得なプランになっていますので、紹介します。

スポンサーリンク

共済ブライダルとは?

共済組合が提供しているブライダルサービスです。
サービスを受けるためには条件がありますが、通常の価格の半額で結婚式をあげることも可能です。

共済ブライダルの利用条件

共済ブライダルを利用するために、夫婦で共済組合に加入していなければいけません(月々2,000円〜/人)。

共済組合には、自分が住んでいる、または勤めている都道府県のものに加入することができます。県によって、ブライダルの割引内容は異なりますので、ご確認ください。
(ご自身の共済は全国生活協同組合連合会から探すことができます)

共済会員費2,000円は医療・生命保険のような役割があり、入院・死亡した際は保証がつくものです(掛け捨て)。

どのくらい安くなるの?

東京都の共済「都民共済」で例にあげると、料金目安はこんな感じです。

都民共済ブライダルの相場

  • 30名様:69万円~
  • 40名様:83万2000円~
  • 50名様:97万4000円~
  • 60名様:111万6000円~
  • 70名様:125万8000円~
  • 80名様:140万円~

節約を頑張って320万円(80名)であげた私のさらに、半額以下。
とても安い料金プランになっています。

ほかにも下記のようなサービスを利用することができるようです。

  • ドレス 1万8,000円~
  • 衣装4着 5万円(新婦新郎2着ずつ)
  • 提携式場でドレス・引き出物の持込料無料
  • ブーケ 8,200円〜
  • 引出物の割引あり
  • 両親の衣装も安くレンタルできる

結婚式場と比べると、あきらかに安く、お得です。

共済のデメリット

安くて魅力的な共済ではありますが、いくつかデメリット(注意点)があります。

  • 夫婦で共済に加入しなければいけない
  • 提携式場の数が限られている
  • 衣装の数が限られている
  • 試着回数が限られている
  • 式場と共済に足を運ぶ必要がある
  • プラン内のものでは見劣りするので、多少ランクアップが必要(それでも通常より安いです)
  • 演出も決まったものから選ばなければいけない

こちらを踏まえた上で、契約をするようにしましょう。

共済の話を聞いてみました

実際に私も共済ブライダルを検討して、いくつか話を聞きに行ったことがあります。
共済といっても、提携している会場によって料金・内容は異なっていました。

会場A

  • 共済ブライダルを使う場合、通常の料金よりも100万円近く値段が安い
  • 料理は共済で決まったもので、通常のメニューとは異なる

会場B

  • 共済ブライダルを使う場合、通常の料金よりも80万円近く値段が安い
  • 料理も通常のメニューと同じ

式場によっても異なることがあるので、一度、しっかり確認してみてくださいね。

共済ブライダルはこんな方におすすめです

共済の結婚式がおすすめのかた

  • 低予算で結婚式をあげたい
  • 演出や会場のこだわりはあまりなく、結婚式をできたら満足
  • 衣装へのこだわりも薄い

通常よりも安く結婚式をあげられるだけに、色々と制約があるのは事実。
私は最後の最後まで検討しましたが、式場と共済の場所が離れていて打ち合わせがしにくいこと、結婚式の演出などでこだわりがあったため、共済は使いませんでした。

共済に加入していなくても提携の会場の見学には行くことはできますので、興味があるかたは一度相談してみるのも手です。

下記の記事では、都民共済でドレスをレンタルした体験談を読むことができます。
合わせて目を通してみてください!

見積もりから60万円以上の節約に!結婚式で後悔しないための節約術

スポンサーリンク
スポンサーリンク
結婚式の準備はブライダルフェアから(3万円の商品券がもらえる!)



「結婚式は何から準備したらいいの?」とお悩みのかたは、まずはブライダルフェアに足を運んでみましょう。
プランナーさんが結婚式について質問に答えてくれますよ。

いまなら、ウェディングサイトで最大3万円の商品券をもらえるキャンペーンを実施しているので、こちらも活用してみてくださいね。

この記事を書いた人

「結婚式費用の節約ガイド」の運営者。結婚式では様々な工夫することで、イメージ以上、でも予算以内の結婚式をすることができました。実体験をもとに、結婚式の節約術をご紹介します。

式場見学の申し込みランキング

マイナビウエディング

ブライダルフェアの申し込み数が一番多い、マイナビウエディング。

マイナビ限定の特典が充実しており、いまならブライダルフェアに参加するだけで最大3万5,000円分の商品券をもらえます!

指輪をこれから購入するかたにはさらに特典があります。
ジュエリーショップに来店予約をして、カップルで来店&指輪を購入すれば、最大で5万円分の商品券ももらえちゃうんです。

合計、8万5,000円! 太っ腹ですね。

ハナユメ(Hanayume)

掲載件数はまだ少ないながらも、独自の割引制度「ハナユメ」が魅力のハナユメ。

ブライダルフェアに行くことで、最大3万5,000円もらえるキャッシュバックキャンペーンを開催中です!
プロのアドバイザーが第3者目線で理想にピッタリの式場の紹介してくれるサービスもありますよ。

貯金がなくても結婚式があげられる「完全定額プラン」も実は人気。追加料金が一切かからないので安心です。

ゼクシィ

ゼクシィは提携している式場の数、業界トップクラス!

いまなら最大3万円分の商品券がもらえるブライダルフェアを開催中です!(普段は最大1万円なので、予約するなら今がお得です!)

結婚準備に関するコラムも多数掲載しているので、読んでおくと勉強になりますよ。

おすすめの記事

おすすめの式場予約サイト 1

結婚式場を探すにも、色んなウェディング予約サイトがあって、悩んでしまいますよね。 そこで、代表的な式 ...

二次会用のウェディングドレス 2

この記事は「結婚式にどのような節約をしたらいいのか悩んでいる」かたに向けて書いています。 私たちも結 ...

結婚資金はいくら必要なの?上手く結婚式を貯める節約術 3

これからおふたりで新しい生活を送って行くと言っても、お金の不安がありますよね。 「結婚」は入籍すれば ...

-結婚式の費用を安くする方法, 結婚式のスタイル

Copyright© 結婚式費用の節約ガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.