招待状 席札 結婚式の費用を安くする方法 メニュー表・席次表 ペーパーアイテム

席次表はなんと5円!ペーパーアイテムを超格安で作る節約術

更新日:

ライター:マナブ・ユキコ

ペーパーアイテムの節約術

結婚式費用の節約として一番最初にあがる、ペーパーアイテム。

ペーパーアイテムとは、招待状・席次表・席札・メニュー表のゲストに配る紙アイテムのことを指します。

これらのペーパーアイテムは少し工夫するだけで、確実に節約できる項目です。

ユキコ
このページでは、ペーパーアイテムの節約方法をわかりやすく説明していきます
スポンサーリンク

ペーパーアイテムの相場はいくら?

節約術の前に、ペーパーアイテムの相場についてです。
ペーパーアイテムは注文先によって、値段が大きく変わってきます。

結婚式場で頼む場合

  • 招待状 500円
  • 席次表 600円
  • 席札 200円
  • メニュー表 300円
  • 宛名書き代 200円

合計金額:1,800円/人

結婚式場で注文した場合、1人あたり2,000円近く、とても高額です。

もし80名のゲストを招待したら、ペーパーアイテムだけで約15万円(1,800円×80名)もかかってしまうことになります。

キットを購入する場合

ペーパーアイテムのキットを購入して、手作りする場合の相場です。

  • 招待状 280円
  • 席次表 280円
  • 席札 50円
  • メニュー表 0円(席次表とセット)
  • 宛名書き代 200円

合計金額:810円/人

※料金は、結婚式招待状・席次表などペーパーアイテムの専門店「平安堂ウェディング」を参考にしています

キットを利用すれば結婚式場にお願いするよりも、1人あたり1000円浮かせることができるってことですね。

私たちの場合

最後は、わたしがペーパーアイテム作りにかかった費用です。

  • 招待状 200円
  • 席次表 5円
  • 席札 5円
  • メニュー表 0円(席次表とセット)
  • 宛名書き代 0円

合計金額:210円/人

キットを購入して手作りした場合よりも、さらに安く済んでいます。

実は、私たちの場合は式場にも頼まず、キットも買わず、自分たちで手作りしたからです。

「どんな方法で手作りしたのか?」については、ペーパーアイテムの一般的な節約方法とともにこれから紹介していきますね。

ペーパーアイテムの節約方法

キットを購入する

ペーパーアイテム・招待状・キット

式場にペーパーアイテムを頼まない場合、一般的なのがキットを購入する節約方法です。

キットを購入すれば、招待状の場合、「封筒+招待状+コメントカード+返信用はがき+シール」が一通り入っているので、あとは自分でテンプレートに沿って内容を入力して印刷するだけ。

1からペーパーアイテムをデザインして作る必要もないので、誰でも作りやすいようになっています。

式場にお願いするよりも、1人あたり1,000円の節約が見込めますよ。

おすすめのペーパーアイテム専門店

平安堂ウェディング

  • 1万円以上の購入で送料無料
  • サンプル3点まで無料で取り寄せられる
  • 有名メーカーの商品・ディズニー商品などの商品が豊富
  • 「おまかせ印刷」にすれば名前の印刷にも対応
PIARY楽天市場店

  • 招待状は1枚113円~と業界トップクラスの安さ
  • 無料サンプルは5点まで取り寄せ可能
  • 招待状・席札を30冊以上購入で、2人のイニシャルスタンプを無料プレゼント中!
  • 1万円以上の購入で送料無料

無料テンプレートを使う

無料で高品質なテンプレートを提供しているサイトもあります。

自分で印刷する紙を用意して、テンプレートを使って印刷する方法は一番安く仕上がります
手間は一番かかってしまう分、節約効果も大きいです。

印刷会社に頼む

私たちが行なった節約術がこの印刷会社にお願いした方法です。

招待状

デザインを夫ができたので、印刷データのみ作成して、ポストカードサイズの厚紙に印刷してもらいました。

もともと2人ともシンプルなデザインが好きだったので、シンプルなものを招待状にしています。

印刷会社は、格安で印刷できるラクスルにお願いしました。

印刷にかかる費用はキットを購入するよりも安いです。
自分たちで印刷する手間も省け、仕上がりもキレイだったので、お願いしてよかったです。

宛名シールを使う

もう一つ私が行なったペーパーアイテムの大きな節約が、宛名シールを使ったことです。

2人とも字が下手だったこともあり、封筒の宛名は毛筆で手書きしませんでした(特に会社関係の上司なども招待していなかったので…)。
おかげで1万4,000円の節約になりました。

1つ1つ手書きせず、印刷ですませたので、手間も省くことができました。

シーリングスタンプをグルーガンで代用する

シーリングスタンプ・招待状

招待状の封を閉じる際に使う、シーリングワックス。
シールやのりでも問題ありませんが、せっかくなので、シーリングスタンプを貼り付けたくなった私たち。

ただ、シーリングスタンプって意外と高いんですよね・・・。
シーリングワックスからスタンプを作る場合、3,000円ほどかかってしまいます(招待状70枚の場合)。

そこで、100均で手に入るグルーガンで代用。たった300円で作れてしまいました。

シーリングスタンプを100圴グルーガンで代用する作り方

会える人には招待状は手渡しする

招待状を渡す

招待状は手渡しできる人には、手渡しした方が丁寧といわれています。
私も会える友人には、遊びの約束がてら、直接手渡してました。

直接渡せば、郵送費の節約にもつながります。

招待状の重さに注意

招待状の重さに注意

招待状を郵送する際に注意しなければいけないのが、重さです。

25g以内 82円
50g以内 92円

重さによって貼る切手の料金が変わってきます。
念のため、3セットほど前もって郵便局で重さを量ってもらってから切手を買うようにしましょう。

切手の料金が足りない場合は、2枚切手を貼らなければいけなくなってしまいます。
そうすると手間も増えますし、何よりせっかくキレイに作った招待状が格好悪くなってしまいます。

注意点

シーリングスタンプを貼る場合は、シーリングスタンプ分も含めて重さを量ってもらいましょう。

席札は名刺に印刷

席札のキットは1枚50円ほどかかります。
そこで私たちは、100均で売っている名刺カードに席札を印刷しました。

席札とお菓子の紙袋

こちらが実際に作った席札です。

プチギフトにお菓子の詰め合わせを用意したので、その紙袋と席札を合わせて、セットできるようにしました。(席札の裏にはメッセージもかけるようにしました)

ダイソーの名刺カードを使ったので、紙代は20枚で100円だったと思います。ほとんどお金がかかっていません。

お好みで印刷したカードに、リボンやマスキングテープを装飾で貼付けてもかわいいですよ。

会場へのアクセスマップも手作りする

招待状に同封する会場までの地図は、式場でもらう場合、有料です。
私たちの会場は、1枚30円でした。

そこで、夫に会場ホームページに掲載されている地図を参考に作ってもらいました。
あとは自分たちで用意したクラフト紙に印刷したため、ほとんどお金はかかりませんでした。

席次表とメニュー表はセットに

席次表とメニュー表はまとめて1つにすれば、節約につながります。

さらにキットを購入するのではなく、ロールタイプにすると費用を安く抑えることができるのでおすすめです。

メニュー表と席次表

私たちが実際に作成した席次表&メニュー表

100均で売っているクラフト紙に印刷して、くるくるとロールします。あとは麻ひもやリボンで止めるだけ。
簡単ですし、全部で200〜300円くらいで作ることができますよ。

ペーパーアイテムで節約しましょう!

ペーパーアイテムはキットを購入する以外にも、工夫次第で節約方法があることをお伝えしてきました。

とくに招待状を印刷会社に頼むというのは、印刷の手間もかからないので、大人数で結婚式を行う場合におすすめしたいです。

ペーパーアイテムの費用を浮かせることで、料理をバージョンアップさせられたり、ドレスをちょっといいものにできたりするので、ぜひ実践してみてくださいね。

ユキコ
ペーパーアイテム作りは大変ですが、オリジナル感も出せるので楽しいですよ

ペーパーアイテムを手作り!安くきれいに仕上げるポイント
PIARYの招待状・引き出物(ヒキタク)で、結婚式の費用を節約しました!
こんなアイデアがあったんだ!プランナー時代に勉強になった、席次表のオリジナルアイデア集

スポンサーリンク
スポンサーリンク
結婚式の準備はブライダルフェアから(3万円の商品券がもらえる!)



「結婚式は何から準備したらいいの?」とお悩みのかたは、まずはブライダルフェアに足を運んでみましょう。
プランナーさんが結婚式について質問に答えてくれますよ。

いまなら、ウェディングサイトで最大3万円の商品券をもらえるキャンペーンを実施しているので、こちらも活用してみてくださいね。

この記事を書いた人

「結婚式費用の節約ガイド」の運営者。結婚式では様々な工夫することで、イメージ以上、でも予算以内の結婚式をすることができました。実体験をもとに、結婚式の節約術をご紹介します。

式場見学の申し込みランキング

マイナビウエディング

ブライダルフェアの申し込み数が一番多い、マイナビウエディング。

マイナビ限定の特典が充実しており、いまならブライダルフェアに参加するだけで最大3万5,000円分の商品券をもらえます!

指輪をこれから購入するかたにはさらに特典があります。
ジュエリーショップに来店予約をして、カップルで来店&指輪を購入すれば、最大で5万円分の商品券ももらえちゃうんです。

合計、8万5,000円! 太っ腹ですね。

ハナユメ(Hanayume)

掲載件数はまだ少ないながらも、独自の割引制度「ハナユメ」が魅力のハナユメ。

ブライダルフェアに行くことで、最大3万5,000円もらえるキャッシュバックキャンペーンを開催中です!
プロのアドバイザーが第3者目線で理想にピッタリの式場の紹介してくれるサービスもありますよ。

貯金がなくても結婚式があげられる「完全定額プラン」も実は人気。追加料金が一切かからないので安心です。

ゼクシィ

ゼクシィは提携している式場の数、業界トップクラス!

いまなら最大3万円分の商品券がもらえるブライダルフェアを開催中です!(普段は最大1万円なので、予約するなら今がお得です!)

結婚準備に関するコラムも多数掲載しているので、読んでおくと勉強になりますよ。

おすすめの記事

おすすめの式場予約サイト 1

結婚式場を探すにも、色んなウェディング予約サイトがあって、悩んでしまいますよね。 そこで、代表的な式 ...

二次会用のウェディングドレス 2

この記事は「結婚式にどのような節約をしたらいいのか悩んでいる」かたに向けて書いています。 私たちも結 ...

結婚資金はいくら必要なの?上手く結婚式を貯める節約術 3

これからおふたりで新しい生活を送って行くと言っても、お金の不安がありますよね。 「結婚」は入籍すれば ...

-招待状, 席札, 結婚式の費用を安くする方法, メニュー表・席次表, ペーパーアイテム

Copyright© 結婚式費用の節約ガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.