結婚式の費用を安くする方法

結婚式の費用を100万円安くする方法。わたしが実践した節約術とは?

更新日:

ライター:マナブ・ユキコ
新郎新婦
結婚式の費用は安くなるの?

この記事は「結婚式にどのような節約をしたらいいのか悩んでいる」かたに向けて書いています。

ユキコ
はじめまして!
2015年に結婚式を挙げた、ユキコです

私たちも結婚が決まり、最初は「自分たちの予算で結婚式はできるのかな?」と、とても心配したものです。

実際、【見積もりに+100万円】なんてことは、珍しい話ではありません。

しかし私たちは予算を守り、満足のいく結婚式を行うことができました。

「結婚式が終わったあとに、こんなに出費する予定じゃなかった!」とならないためにも、私たちが実践した結婚式の節約術を余すことなくご紹介します。

スポンサーリンク

結婚式の節約は、式場の予約前から始まっている

最初の節約術です。
まずは会場を決めるために、式場を見学しますよね。その時に、ポイントが1つあります。

それはブライダルフェアをうまく利用することです。

ブライダルフェアに参加することで、割引・特典を受けることができます。
また、ブライダルフェアを予約することで、1〜3万円の商品券をプレゼントしているサイトもあります。

ブライダルフェアの参加で商品券をプレゼントしているサイト

せっかく式場をまわるなら、上記のサイトを利用して商品券をもらいましょう。

結婚式の準備中はいろんなアイテムを買わなければいけないので、商品券が役立つ時がやってきますよ。

結婚式の日取りで節約しよう

まず簡単にできる節約方法は、「結婚式の日程」です。
結婚式場は人気のある日であればあるほど、価格が上がる傾向にあります。

反対に、みんなが結婚式を挙げたがらないような日程・時間帯であればそれだけ埋まりにくく、式場は値引きせざるを得ません。

結婚式を安く挙げられる日程

  • 平日
  • 夕方
  • 仏滅
  • 真冬・真夏
  • 結婚式まで半年をきっている

私の場合は、次の日が休みではない「祝日」に行うことで、費用を安くしてもらうことができました!
人気の土曜日に比べて、30〜40万円ほど価格が安くなった覚えがあります。

関連元プランナーが教える!「交渉せずとも」高額な結婚式を値引きするコツ

「当日成約」に惑わされないで!

式場の見学に行くと、「今日決めれば、これだけ値引きしますよ」と甘い言葉で契約を急かしてきます。

そんなときは注意が必要です。
最初の会場で決めてしまわず、ほかと比較してから式場選びをした方が失敗しにくいものです。

また「今日限定の割引」とはいえ、お願いすれば、数日考える猶予を伸ばしてくれる場合も。実際、私も頼んで、返事する日を伸ばしてもらった経験があります。
焦って決めず、しっかり他の会場と比較してから決めるようにしましょう。

関連「当日成約」に注意!ブライダル業界の裏事情


式場をまわる順番についても考える

「当日成約」で式場側は契約させてこようとするので、考え方によっては、式場をまわる順番をあらかじめ決めておくことで、うまくかわすことができます。
それは優先度が高くない式場からまわることです。

まだ見たい会場が控えているから、「ここで決めないでもう少し見てから考えよう」と思いとどまることができます。プランナーさんにも、「まだ見てみたい会場があるので、もう少し待ってください」と伝えてみるのも手です。

また、価格帯が安い式場に先に行き、「この式場ではこれだけ値引きしてもらえました」と伝えることで、値引きを頑張ってくれることもあります。

値引き交渉は必ず契約前に行うこと!

結婚式を挙げたい式場が決まった場合は、値引き交渉をしてみましょう。
式場が値引きしてくれるのは、「契約前」だけです。

一度契約してしまうとなかなか値引きしてくれないものなので、契約前に「値引き交渉できるものはないか」を考えることが大切です。

値引きしてもらいやすい項目

  • 会場費
  • ドレス・タキシード代
  • 料理・ドリンク代
  • 持ち込み料

牧師さん・カメラマンなど、式場が手配しなければいけない人件費については値引きしにくいので、上記の項目を中心に値引きしてみるようにしましょう。

やらないことを決める

見積書はなるべくフルフル盛り込んでもらった状態で、その式場の相場感をみてみましょう。
その後、準備を進めて行く中で、「やらないこと」を決めることも大切です。

私の場合は、以下のことをやらないことにしました。

  • カラードレスに合わせてブーケも変えること
  • 派手なテーブルラウンド

なるべく自分たちにばかりお金がかかるような演出は、控えるように意識しました。

手作りアイテムを作って、費用を節約

結婚式は手作りアイテムをうまく取り入れることで、費用を大幅に抑えることができます。
私が手作りしたアイテムをご紹介します。

招待状

招待状

招待状は式場で頼むのをやめ、自分たちで手作りすることにしました。
最初は招待状キットを購入することも考えましたが、デザインを自分たちで行い、印刷業者のラクスルにお願いしました。

自宅で印刷するよりもキレイに仕上がり、さらに印刷する手間も省けて一石二鳥でした。

招待状の費用(1つあたり)

式場で注文する場合 500円
キットを購入する場合 280円
私たちの場合 200円

自分たちでデザインするのが難しい場合は、招待状キットの利用がおすすめです。

式場でお願いするよりも半額近く、費用を抑えることができます。平安堂ウェディングなどで、自分たちに合う招待状のキットを探してみましょう。

席次&メニュー表

メニュー表と席次表

席次&メニュー表も同じく、自分たちでデザインしました。
自宅でクラフト紙に印刷して、くるくると巻いたものに決めました。

こちらも手作りしたことで、節約になっています。

招待状の費用(1つあたり)

式場で注文する場合 600円
キットを購入する場合 280円
私たちの場合 5円

席札

席札とお菓子の紙袋

席札は、お菓子の詰め合わせができる紙袋とともに、手作りしました。
こちらも名刺カードに名前を印刷しただけなので、費用はとても安く済んでいます。

招待状の費用(1つあたり)

式場で注文する場合 200円
キットを購入する場合 50円
私たちの場合 5円

ほかにも、ペーパーアイテムで細かく節約した方法があるので、より詳しい内容は「ペーパーアイテムを格安で作る節約術」よりご確認ください。

また私たちが手作りしたアイテムはこちらからご確認いただけます。

挙式でできる節約術

挙式はスタイルによっても、料金が変わってきます。

結婚費用の高い順

  1. 神前式
  2. 教会式
  3. 人前式

神前式が一番高く、人前式が一番安くなっています。

私たちの場合は、教会式にも憧れつつも、「自分たちのオリジナルの結婚式がしたい」という思いが強かったので、人前式にしました。

その結果、牧師さん・聖歌隊などの費用がかからずに済み、教会式に比べて7万円の節約に!

人前式の誓いの言葉

それぞれの兄弟に誓いの言葉を読み上げてもらい、思い出深い挙式となりました。

関連挙式を人前式にして7万円の節約に!オリジナルの思い出深い挙式になりました

ドレス・タキシードも節約できる

出してくるドレスに惑わされない

ウェディングドレス

「ドレスはレンタルして持ち込みにした方が安いのかな?」と思いましたが、私たちの場合は、式場で借りた方が安く済むことがわかりました。

私たちが行った節約術は、「この中で安いドレスを見せてください」と言ったことです。
それまで見せてもらっていたドレスは25万円前後のものばかり。た、高い・・・!

そこで、「安いドレスはどれだろう?」と思って聞いてみたところ、出してもらったのが14万円のドレスでした。
こちらのドレスが気に入り、一気に10万円近い節約に!

契約時にドレスの割引特典をつけてもらっていたこともあり、ウェディングドレスとカラードレス合わせて23万円の負担で済みました。(タキシードも割引内で選んだので、実質無料でした)

ドレスにかかった費用(割引適用後)

ウェディングドレス:14万円 → 5万円
カラードレス:27万円 → 18万円

ウェディングドレスはネット上で格安で売っているお店も多いので、式場でレンタルするのではなく、購入もしくはレンタルして持ち込む方法もあります。
合わせて検討してみてくださいね。

二次会のドレスはメルカリから購入

二次会用のウェディングドレス

二次会用のドレスは、また別途レンタル料金が発生する場合があります。
私たちの会場では、別の会場で二次会をやる場合は1着15万円の追加料金がかかるという話でした。

そこで、二次会用のドレスは購入することに!
フリマアプリ「メルカリ」で探してみたところ、ドレスもタキシードも1万円で希望するものが見つかりました。

ほかにもブライダルインナーや手作りアイテムなど、ウェディングアイテムをたくさん売っているので、一度のぞいてみると、掘り出し物が見つかりますよ。

関連相場より15万円の節約に!私が実際に実行したウェディングドレスの節約術

演出もなるべく工夫して費用を抑えた

結婚式は衣装やアイテムだけでなく、演出にもお金がかかってきます。
そこで私たちが費用を抑えるために行った演出は、2つあります。

フラワーシャワーとバブルシャワーを合わせる

フラワーシャワーとバブルシャワー

フラワーシャワーは1人あたり約300円。ゲスト80名であれば2万4,000円かかる計算になります。

そこで、私たちはフラワーシャワーの値段を下げるために、バブルシャワーと組み合わせることにしました。

バブルシャワーであれば1人あたり170円程度。フラワーシャワーだけのときに比べ、1万円安くなります

バブルシャワーは、シャボン玉がしばらくゆらゆら飛んでいるので、写真映えもして、当日はキレイでした。

ほかにも、フラワーシャワーを持ち込む・造花で対応するなど節約術はありますので、フラワーシャワーの節約方法をご参考にしてみてくださいね。

テーブルラウンドはフォトラウンドに

ウェルカムドリンクにフォトプロップス

お色直し後の再入場のときに、各テーブルをまわる演出があります。これをテーブルラウンドといいます。

このテーブルランドでは、キャンドルセレモニーやルミネファンタジア(化学発酵液を使った演出)を行われることが多いですが、正直、値段が高いのです・・・。

そこで、私たちはフォトプロプスを手作りして、写真撮影してまわる「テーブルフォト」にしました。
テーブルフォトであれば特にフォトプロプス以外に費用がかかることもありませんし、ゲストと一緒に写真も撮影できるので、オススメです。

関連低予算でできる!結婚式のテーブルラウンド演出

持ち込めるものは持ち込む

結婚式場によって持ち込みOKのものは変わってきます。
もし追加料金がかからないのであれば、持ち込みした方が安いです。

わたしが持ち込みしたもの

  • ブーケトス用のブーケ
  • 引き出物用の紙袋
  • 二次会のドレス・タキシード

自分で手配しなければならない手間はありますが、式場の料金は割高になっているので、時間がある方は持ち込むようにしましょう。

ホテル予約はインターネットを活用

結婚式場の提携ホテルは、割引が効くものの、費用がそこまで安くありません。

自分たちが宿泊するホテルや、遠方のゲスト用のホテルは自分たちでインターネットで予約することをオススメします。

おすすめのホテル予約サイト

  1. じゃらん(最安でオススメ!Pontaポイントが2%貯まる)
  2. 楽天トラベル(楽天ポイントが貯まる)
  3. Hotels.com(10泊分予約で1泊無料に!)

私は料金が一番安かった「じゃらん」ですべて予約しました。

じゃらんなら、Pontaポイントを2%も貯めることができるので、ほかのサイトで予約するよりもポイント還元率が高いです!

また定期的に割引クーポンを配布しているので、格安で予約できる可能性がありますよ。

関連結婚式のホテル手配について

いつもの金銭感覚を忘れずに!

結婚式の準備をしていると、ついつい金銭感覚が麻痺しがちです。
というのも、費用が万、十万単位で変動していくので、「少しくらい上がってもいいか」と考えてしまいがちだからなのです。

でも、いつもは一万円の価格差って大きいですよね?
この感覚を結婚式の準備中は忘れてしまうので、ぜひお忘れなく。

いつも通りの金銭感覚で準備に取り掛かっていれば、「費用が莫大に上がってしまった」ということにはなりませんので、ご安心ください。

また費用を削る項目はゲストに関わる料理や引き出物ではなく、衣装やアイテム・演出を中心に節約するように心掛けることが大切です。

まずはブライダルフェアに参加して節約しましょう

繰り返しになりますが、まずはブライダルフェアに参加するところからが節約のはじまりです。

お気に入りの式場を見つけ、契約前にしっかり値段交渉してくださいね!

一生に一度の結婚式、満足のいく結婚式ができることを願っております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
結婚式の準備はブライダルフェアから(3万円の商品券がもらえる!)



「結婚式は何から準備したらいいの?」とお悩みのかたは、まずはブライダルフェアに足を運んでみましょう。
プランナーさんが結婚式について質問に答えてくれますよ。

いまなら、ウェディングサイトで最大3万円の商品券をもらえるキャンペーンを実施しているので、こちらも活用してみてくださいね。

この記事を書いた人

「結婚式費用の節約ガイド」の運営者。結婚式では様々な工夫することで、イメージ以上、でも予算以内の結婚式をすることができました。実体験をもとに、結婚式の節約術をご紹介します。

式場見学の申し込みランキング

マイナビウエディング

ブライダルフェアの申し込み数が一番多い、マイナビウエディング。

マイナビ限定の特典が充実しており、いまならブライダルフェアに参加するだけで最大3万5,000円分の商品券をもらえます!

指輪をこれから購入するかたにはさらに特典があります。
ジュエリーショップに来店予約をして、カップルで来店&指輪を購入すれば、最大で5万円分の商品券ももらえちゃうんです。

合計、8万5,000円! 太っ腹ですね。

ハナユメ(Hanayume)

掲載件数はまだ少ないながらも、独自の割引制度「ハナユメ」が魅力のハナユメ。

ブライダルフェアに行くことで、最大3万5,000円もらえるキャッシュバックキャンペーンを開催中です!
プロのアドバイザーが第3者目線で理想にピッタリの式場の紹介してくれるサービスもありますよ。

貯金がなくても結婚式があげられる「完全定額プラン」も実は人気。追加料金が一切かからないので安心です。

ゼクシィ

ゼクシィは提携している式場の数、業界トップクラス!

いまなら最大3万円分の商品券がもらえるブライダルフェアを開催中です!(普段は最大1万円なので、予約するなら今がお得です!)

結婚準備に関するコラムも多数掲載しているので、読んでおくと勉強になりますよ。

おすすめの記事

おすすめの式場予約サイト 1

結婚式場を探すにも、色んなウェディング予約サイトがあって、悩んでしまいますよね。 そこで、代表的な式 ...

二次会用のウェディングドレス 2

この記事は「結婚式にどのような節約をしたらいいのか悩んでいる」かたに向けて書いています。 私たちも結 ...

結婚資金はいくら必要なの?上手く結婚式を貯める節約術 3

これからおふたりで新しい生活を送って行くと言っても、お金の不安がありますよね。 「結婚」は入籍すれば ...

-結婚式の費用を安くする方法

Copyright© 結婚式費用の節約ガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.